野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 野菜が入ったダンボールの有効活用

野菜が入ったダンボールの有効活用

野菜が入ったダンボール 有効活用

新聞紙やダンボールを有効に利用するようにしましょう。

野菜は低温保存を好むものとそうでないものとあるのです。

それぞれの野菜に適した保存方法を知っておくと、長持ちさせることができ、腐らせて無駄にすることもないのです。

大部分の野菜は光が強いほど育ちが優れるのですが、野菜の種類によってはやや日当りが悪くても育ちがそれほど劣えないもの、また日陰を好むものもあるのです。

基本的に野菜は畑で育った状態での保存が好ましいとされていて、大根・人参などの根菜類は泥が付いたまま、白菜・ネギなどの葉菜類は立てたままの保存が最適と言われているのです。

乾燥を防ぐには、新聞紙やスーパーにおいてある薄いポリ袋が便利になっているのです。

野菜は呼吸していますから、この呼吸を妨げないことが保存のコツとなっているようです。

その点薄いポリ袋はガスを適度に通すため最適となるのです。

厚いビニール袋はガスを通さず野菜が窒息してしまうので、逆に腐ってしまうので注意が必要になっているのです。

ホウレンソウは長日植物ですが、秋にまき、短い日長と低温下でも葉数が増え、株もよく肥大するという性質をもっているのです。

緯度の高いところで長い時間かかって育てられた北欧のホウレンソウの品種は、日の長さが長いときに葉数が増えたり、株の肥大が良いように仕上っているのです。

大根は葉が根の栄養分を吸収するのを防ぐため、葉を切り落とし新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存をお勧めできます。

冷蔵庫に入り切らない時にはダンボール箱に入れて比較的温度の低い場所に保存しておけば、1ヶ月程度持ちするのです。

大根は新聞紙にくるんでダンボールの箱などに入れ、物置など日のあたらない比較的温度の低いところに保存しておけば、冷蔵庫にしまう必要はないのです。

この場合気をつけるのは、大根の葉を落としておくことなのです。

大根は葉をつけたままにしておくと葉から水分が逃げてすが入ってしまって味が落ちるのです。

日本では、春から夏にかけてのホウレンソウの作り方はたいへん難しかったのですが、北欧の品種を日本に持ってきて、品種改良を行いたのです。

その結果春~夏まきのホウレンソウ作りができるようになり、1年中たべられるようになってきています。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。