野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 野菜をダンボールで保管

野菜をダンボールで保管

野菜が入ったダンボール 新聞紙

ニンジンは葉が根の栄養分を吸収するのを防ぐため、葉を切り落とし新聞紙に包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存をお勧めできるのです。

冷蔵庫に入り切らない時には庭などに穴をほって埋めるようにしましょう。

軽く土をかけておくとかなり長い間保存ができるのです。

サツマイモやサトイモは低温を嫌うので同じように新聞紙をくるんでダンボールの箱に入れ台所の隅にでも置いておけば長持ちするのです。

日の長さは、品種のえらび方、作る時期の決め方に関係しているのです。

また、シソなどのように人工的に電灯をつけ日の長さを長くして、秋遅くまで収穫をつづける栽培法もあるのです。

ジャガイモは陽に当てると発芽してしまうため、風通しの良い冷暗所等で常温保存するのです。

収穫から2~3ヶ月程度、発芽はしませんが、リンゴを1~2個混ぜておくと発芽を防いでくれるのです。

ショウガ、たまねぎ、ニンニクなどは乾燥させておくと長持ちすることができますので、ネットに入れてつるしておくようにしましょう。

特にショウガは寒さに弱いので冷蔵庫に入れると腐ることがあるのです。

かといって戸外に置いておくと、寒い冬は凍ってしまってこれまた使い物にならなくなるのです。

ホウレン草は濡らした新聞紙に包み、ポリ袋に入れ立てて冷蔵庫で保存することをお勧めできます。

トマト、ナス、ハクサイなどのように深根性の野菜は、20~30cmの深さに溝を掘って堆肥を入れ、一緒にリンサン肥料、チッソ肥料を混ぜておくようにしましょう。

溝を土で埋めてその上にうねを作るのです。

苗が溝の真上にくるように植えつけると、根が溝のところまで深く伸びていくのです。

トマトやミニトマトはまだ青いトマトは、室温で保存できるのです。

赤く熟れたら冷蔵庫での保存をお勧めできるのです。

ヘタの部分を下に向け、ポリ袋に入れて密封することをお勧めできます。

果物や野菜の入っていた物は敬遠するようにしているのです。

商品にもよるでしょうが中には匂いが移ったと文句を付ける方も多いようなので注意しているのです。

白菜は新聞紙に包み、日の当たらない涼しいところで立てて保存するのです。

比較的温度の低い場所に保存しておけば、1ヶ月程度持つのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。