野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> ダンボールの中の温度管理

ダンボールの中の温度管理

野菜が入ったダンボール 温度管理

雨がかからなければ屋外でも屋内でもどこでも設置可能となっているのです。

日当たりのよい所の方が温度も上がりやすいのでより良いと思うのですが、日当たりが悪い所でも特に問題はないのです。

キュウリ、カボチャ、イチゴ、ホウレンソウなどの浅根性の野菜の場合は、元肥は広く、浅く施す全面施肥が適しているのです。

根が伸びていく方向に応じて、肥料分を吸収できるからなのです。

株間を狭く植えつけるタマネギ、レタス、マメ類や、生育期間が短い菜類なども、同様の全面施肥にすると良いと思います。

キャベツは芯をくりぬき、濡らしたキッチンペーパーなどを詰め、ポリ袋に入れ冷蔵庫での保存をお勧めできるのです。

キッチンペーパーを毎日取り替えることで保存期間も長くなるのです。

冷蔵庫に入り切らない時にはダンボール箱に入れて比較的温度の低い場所に保存しておけば、1ヶ月程度持つのです。

スーパーで二重構造のダンボールが手に入れば問題ないようです。

また、一重ダンボール箱の内側を二重に補強すれば大丈夫なのです。

二重構造でないと痛んだ部位から穴が開くことがあるようですので、二重構造のダンボールをお勧めできます。

溝に植えつけてから徐々に土寄せをしていく長ネギは、追肥が重点になってしまいますので、植えつけ後堆肥や稲わらを溝に敷きこんだら、元肥は植え溝に少量だけ施するようにしましょう。

レタスは基本的にキャベツと同じ保存方法ですが、金属に触れると変色するため、包丁ではなく手で芯をくりぬくことをお勧めできるのです。

穴が開くまで、だいたい2、3回は使えるのです。

かき混ぜる際には、ダンボールを傷つけないように、先の丸いスコップを使うと良いと思います。

また、底板をダンボール等で補強しながら使えばより長く使えるのです。

玉ネギは風通しが良く、湿気の少ない涼しい場所で保存するようにしましょう。

ネットなどに入れつるしておくことをお勧めできるのです。

八百屋さんやスーパーの店先を覗くと、いろんな野菜が並んでいて季節の感覚がなくなってしまうのです。

その一方、自分の庭やプランターで野菜作りをする人たちも増える一方なのです。

サツマイモ、里芋は新聞紙に包み、ダンボール箱に入れておくようにしましょう。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。