野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> ダンボールコンポストに葉物を入れる

ダンボールコンポストに葉物を入れる

野菜が入ったダンボール 葉物を入れる

重量のある野菜を下に、軽い葉物を上にしてようやく箱に入るのです。

野菜を保存する方法はいくつかあるのです。

まずは新聞などにまいて冷蔵庫や冷暗所においておく方法。

これは生のまま野菜を保存する方法があります。

短所としては日に日に鮮度がおちるので早く使いきってしまわなければならないということなのです。

家庭で生ゴミを処理する方法は様々あるのですが、低予算・省スペースで簡単にできる方法としてダンボールコンポストは注目されているのです。

またダンボールコンポストは単に家庭から出るゴミを減らすだけでなく、堆肥を作ることで家庭菜園にも活かすことができるのです。

生ゴミを資源として利用してガーデニングを楽しむのもいいですし、自宅で野菜を作ることができれば食費の軽減にもつながるようですので、生活費が浮いてとってもお得となっています。

強度の強いダンボールというのは単価も高いですので、もしダンボールの強度が貧弱な場合や、雨や冷蔵により濡れて弱くなっている状態のときは、高く積まない、もしくは強度のあるダンボールの上に積むといった工夫が必要になるのです。

無農薬の野菜作りは、草むしりや手入れを頻繁に行う必要があるようですすのでそれほど簡単なものではないのです。

もっとながく野菜を保存するにはゆでて冷凍しておく方法もあるのです。

ホウレンソウや小松菜といった葉物の野菜を小分けして、冷凍保存しておくとちょっといろどりがたりないときなどに重宝するのです。

ネギやパセリなどの薬味に使う野菜もこまかく切って冷凍保存しておくとお味噌汁などにぱらりとかけて使えるのです。

ダンボールコンポストは、誰でも手軽に、安いコストで地球温暖化対策・環境保護ができるというのが魅力となっているのです。

そういう意味ではダンボールというのは、理想的なアイテムと言えるのです。

またダンボールは保水力があって水分調節に優れているというメリットもあるのです。

通気性もいいので手間がかからないという点でも、利用しやすいようです。

畑を耕してタネを植え、草むしりをして間引きをし、また草むしりをして保護のためにビニールを張り、また草むしりというように単純な作業を続けていかなければ、野菜を育てて行くことが出来ないのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。