野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 野菜とダンボールと無農薬

野菜とダンボールと無農薬

野菜が入ったダンボール 無農薬

それを継続して自分で作った無農薬野菜を収穫し食べた時の嬉しさや充実感は、何物にも変えがたいものがあるのです。

野菜を冷凍して保存する以外にも日持ちする方法は漬物にしておくことなのです。

べつに重石をつかったりしなくてもかまわないのです。

塩を多めにふり保存袋に入れておくだけで白菜やキャベツなどはかなり長もちするのです。

ダンボールコンポストを生ゴミ処理機として考えるのではなく、ペットとして考えると上手くいきやすいかもしれないと思います。

ダンボール箱の中で微生物を飼うという考え方なのです。

犬や猫、花などの植物を飼うように、水やエサを与えて、変な虫がつかないように手入れ・世話をしてあげるという気持ちを持って取り組んでみるようにしましょう。

野菜は多湿と乾燥を嫌うものが多くあるようですので冷気に直接あたらないように工夫して積むようにしましょう。

例えばレタスを積む際には、一番上のダンボールを逆さにして冷気が直接あたらないようにすることも一つの工夫ですが、レタスは芯を下に向けたほうがより鮮度を維持できますので、できることならばダンボールの上にシートを張って冷気から守る方法が良いと思うのです。

冬の終わりから春にかけて種を蒔く野菜、苗を植える野菜はいろいろあるのです。

我が家の家庭菜園で栽培した野菜の成長する過程なのです。

野菜をうまく保存しておくと日々の忙しい中でのご飯作りに大変役立つのです。

毎回汚れをのけ皮をむき切ってなどという一連の作業をするのもおっくうなものなのです。

かといって野菜をまったくとらないのも健康面で不安なのです。

ぜひうまく利用するようにしましょう。

箱の中には生ゴミを分解させるための基材と炭を入れるようです。

そして、この中に毎日生ゴミを入れるだけなのです。

ダンボールの切れ端やちょっとしたビニールシートでも風よけできるものなら利用できるのです。

夏の終わりから秋にかけて種を蒔く野菜、苗を植える野菜はいろいろあるのです。

我が家の家庭菜園で栽培した野菜の成長する過程なのです。

それでもこうした野菜ほ保存方法が面倒だという方は市販の冷凍野菜やフリーズドライされたものを使うのもいいかもしれないと思います。

ただこうしたやさいはなるべく国産のものを選択した方がよいと思います。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。