野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> コンポストを作ろう

コンポストを作ろう

野菜が入ったダンボール コンポスト

ダンボールコンポストは通常のコンポストと比べて優れているところは、これが経済性に優れていて、容易に手に入る点となっているようです。

入れる物のサイズにきっちり合わせたい場合は、内寸で選ぶと、ぎゅうぎゅう詰めになったり、箱が変形するようなことはないようです。

何より、自分で育てたものを食べるという楽しみと、安心感を手に入れることができるのです。

育てることの楽しさも体験することができ、家庭菜園にはいいことがたくさんあるのです。

ダンボールコンポストは、生ごみ処理機のように電気を使用しないので、電気代がかからないようです。

下記のHPではダンボールコンポストの作り方を紹介しています。http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/shiminkankyoubu/seisoujigyouka/a110503danborukonposuto.html

これらの冷凍野菜は炊き込みごはんを作る時や具だくさんの味噌汁をつくるときに重宝するのです。

どちらも土などがたくさんついていていざ使おうと思うときには面倒くさくなってしまうのではないでしょうか?手のしわに汚れが入るととれにくいこともついつい使いたくなってしまう一つの理由なのです。

ダンボールコンポストは、微生物の力だけで生ごみを分解処理するので、発酵剤などの薬品を使用しないようです。

隙間だらけのダンボールがたくさんできると、いたずらに個数だけが増えて、予定していた量より荷物が増えることになり、トラックに載りきらないようです。

気になる野菜の病気や害虫の種類など、どれも一から覚えてみるというのも、楽しみ方のひとつではないかと思います。

ダンボールを作っているところから端材を分けてもらうのも良いかも知れません。

以前、分けてもらったところはこの記事「ダンボールの端材」を見て問合せました。

興味の範囲を広くして、そのなかに、家庭菜園を入れてみるというのもオススメできます。

私はゴム手袋をしてこうした野菜を一気にゆで冷凍保存しておきましょう。

そうすれば一度の処理ですむので楽なのです。

アスパラやブロッコリーといった野菜も冷凍できるのです。

ただじゃがいもはなかなかうまくいかないのです。

生ゴミを資源として利用してガーデニングを楽しむのもいいですし、自宅で野菜を作ることができれば食費の軽減にもつながるので、生活費が浮いてとってもお得です。

乾燥しやすいので濡らした新聞紙やキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れるのです。

クール便で発送することをおすすめできるのです。

家庭菜園は簡単にできるとはいっても、やはり困難な点が多いといってもいいと思います。

初めから上手にできるという保証もないのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。