野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 家庭菜園でのダンボール

家庭菜園でのダンボール

野菜が入ったダンボール 家庭菜園

失敗を繰り返しながら、上手に家庭菜園ができるようになるといってもいいものなのです。

ほっこりとした食感がなくなりぼそぼそしてしまうようです。

きっとこの野菜もうまく冷凍する方法があるのだと思いますが、いまだその方法を知らないでいるのです。

ただじゃがいもを他の野菜と煮込みペースト状にしたものは冷凍しても味がかわらないのです。

ダンボールコンポストとはお部屋で出来る簡単生ゴミ処理なのです。

また、堆肥を作り出すことができるのです。

ダンボールコンポストを使うことエコロジーかつエコノミーな日常生活を楽しむことができるのです。

でも、簡単とはいえ実際に上手に扱うためにはコツが必要になっているのです。

こうした野菜のペーストを冷凍したものは氷をつくるトレーなどにいれ保存しておくと使いやすいようです。

冬野菜であるカブは甘味があり、煮るとやわらかな食感になるのが特徴となっているのです。

冬野菜であるカブは煮物やスープに入れるときには、皮を厚めにむいて使うとよいと思います。

あまり皮をうすくむぐとごわごわした繊維が残る場合があるのです。

ダンボールコンポストを自分で作ってみたい方に誰でもできる作り方を学ぶようにしましょう。

ほうれん草、小松菜など湿らせたキッチンペーパーや新聞紙に包んでポリ袋に入れるのです。

最初にしっかりと知識を蓄えるということが重要になってくるのです。

やりながら覚えていくという方法もありますが、この場合には何かあったときに困るのです。

育て方や、その野菜の特徴、肥料の加え方、害虫の種類など、覚えることはたくさんあるのです。

必ず立てて保存するのです。

冷凍する場合は茹でて小分けにしてからラップで密封するのです。

ダンボールコンポストを作るのに用意するものは、大きさ40×50cmくらいのみかん箱くらいのダンボールとビニール、土、米ぬか、乾燥鶏糞なのです。

大きな注意点は、毎日育てなければ死んでしまうということなのです。

人間が毎日食事をするように、野菜や果物にも、水や肥料が毎日必要になっているのです。

そのときの状況に合わせたお手入れをしていくという大変さが、家庭菜園にはあるのです。

冬野菜のカブは玉ねぎやジャガイモとじっくり煮込みミキサーにかけポタージュにしてもおいしいのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。