野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 野菜を肥料化させよう

野菜を肥料化させよう

野菜が入ったダンボール 肥料化

生ごみの原料方法として最適なのがダンボールコンポストによる生ごみ処理と堆肥化なのです。

農業を営む人を農民、その家を農家と呼ぶのです。

農作物を栽培する場合、日照、雨、気温など自然環境に左右されるため不安定な面があるのです。

そのため収入もそのつどそのときの天候によって変わるため、不安定なのです。

カブは同じく冬野菜の大根と同じように使うことができるのです。

すって蒸し物にかけることもできるようですし、葉を干して漬物にできるのです。

このように冬野菜はどれも似た使い方ができるような気がするのです。

段ボールコンポストは、段ボール箱を利用した生ごみの処理容器のことで、電気や発酵剤等の薬品を使用しなく、安い材料ででき、安全な肥料として使えるといったメリットがあるのです。

漬物にした葉はそのまま食べてもよいのですが、細かく刻んで保存しておくとチャーハンなどの彩として使うこともできるので重宝するのです。

夏野菜のズッキーニは、見た目はキュウリに似ていますが、味はまったく違うのです。

とくに夏野菜のズッキーニは油との相性がよく、オリーブオイルで焼き、塩コショウしただけで大変おいしく食べられるのです。

それをピザの具につかったり、スパゲティーの具にすることもできるのです。

最近注目されている生ゴミの減量方法として、コンポストがあるのです。

コンポストとは、生ゴミを発酵させ、堆肥にして花壇の肥料としてリサイクルする方法なのです。

長年の知識と経験が必要な仕事です。

また需要と供給の兼ね合いがあり、あまりに多く作りすぎても価格が安くなってしまうのです。

逆にものが少なすぎても売れ行きが悪くなってしまい売り上げが悪くなってしまうこともあるのです。

夏野菜であるズッキーニは火を通すことで、甘味がでて、もっちりとした食感になるのです。

衣を軽くつけてフリッターにしてもおいしいのです。

夏野菜をふんだんに使ったラタテュイユにも欠かせない食材なのです。

以前夏野菜のズッキーニをきらしていた際、キュウリを代用してラタテュイユを作ったのですが、やはりキュウリでは味がいまいちになってしまっているのです。

ごみの減量化対策の一環として、各家庭から出される生ごみの自家処理を促進するため生ごみ堆肥化容器の購入に補助金を出している自治体もあるのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。