野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 農業とダンボールの関係

農業とダンボールの関係

野菜が入ったダンボール 農業

コンポストやEMバケツなどを無料で貸し出しているところもあるのです。

現代の日本の農業が抱える問題として、農業者の高齢化問題が深刻なのです。

若者が農業をつがずに、田舎から都心へ出て行ってしまうので後継者がいないようです。

夏野菜のズッキーニはバーベキューする際に一緒に調理してもおいしいのです。

そのときにはそのまま焼くのでなく、前もってオリーブオイルと塩コショウでマリネしておくとよいと思います。

夏野菜のズッキーニはバーベキューすう他の夏野菜やお肉とも相性がよいのでぜひ試してみるようにしましょう。

最近では、コンポストに代わって手軽に堆肥が作れるダンボールを使うコンポストが評判になっているのです。

容器がダンボールですから、通気性がよく,生ごみの水分を逃がしたり,発酵に必要な空気を通すのに適しているのです。

コストもそれほどかからず,もちろん堆肥としても使用できるのです。

ダンボールコンポストは場所もとらず,手軽にできますので一度お試しになってはどうでしょうか。

お米作りは春から秋にかけて、田おこし・種洗い・種まき・田植え・稲刈りの順に作業が行われるようです。

田おこしとは、冬から春にかけて3回くらい田を起こすことなのです。

寒さで固まった土を耕し、お米作りにいい土台を作ります。

今でこそ普通にスーパーで売られるようになっているのですが、これもモロヘイヤと同様に少し前まではデパートなどにしか売られていなかった気がするのです。

年々食が多様化し、昔は珍しかった食材が簡単に手に入るようになってきているのです。

旬のものであれば値段もずいぶんと手頃なのです。

ぜひそういう機会に新しい食材を使ったメニューにチャレンジしてみるようにしましょう。

乾燥した小さな枯葉を入れているのです。

もともとは、枯葉の保管箱だったものを使い始めたものなのです。

ダンボール箱は乾いた場所におく必要があるのです。

いつぞや夏野菜のトウモロコシを段ボールいっぱい送られてきて驚いたことがあるのです。

送り主は実家の母だったのですが、なにがはいっているのか知らないわたしは段ボールをあけたとたんきいろい紐のようなわんさか見え、思わず誰かのいたずらで死んだ動物でも送られてきたのかと思い、悲鳴をあげたのを覚えているのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。