野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> 野菜を乾燥させる

野菜を乾燥させる

野菜が入ったダンボール 乾燥

野菜くず等を4~5日ぐらいの間を空けて入れていくのです。

EMぼかし、米ぬか、乾燥した土を適当に少量ずつ加えるのです。

毎日、底から掘起すようにして十分にかき混ぜ、水分が均一になるようにしましょう。

完全に乾燥してしまうとかき混ぜる必要はなくなるのです。

収穫後、稲はすぐに乾燥機にかけるのです。

乾燥後、籾取りをして玄米の状態で袋に入れて保存するのです。

今では乾燥、籾取り、袋詰めまで全て機械がするのです。

当然昔は全て人の手で行われていたのです。

そんなわたしにとっていわくつきの夏野菜トウモロコシですが、食べるのは大好きなのです。

夏野菜のトウモロコシを薄皮をつけたままゆでてたべるのもすきですが、これは一本で充分なのです。

いくらおいしいからといってゆでただけの夏野菜のトウモロコシを何本も食べることはできないのです。

かき混ぜが不十分であると、水分が下部に集まり、箱の底が腐って抜けてしまうのです。

毎日、忘れないように、ダンボールを破らないように注意してかき混ぜる必要があるのです。

かき混ぜを十分に行うと、濡れている生ゴミも処理することができるのです。

日本の野菜の自給率は約80%となっているようです。

消費者の食への安全性を求める声が近年いっそう高まり輸入品よりも国産品が人気となっているのです。

女性の社会進出などの生活スタイルの変化から、生野菜よりも加工品が好まれるようになってきっているのです。

そんなときは夏野菜のトウモロコシの実を包丁でそぎ落とし冷凍しておきましょう。

これは他の夏野菜である枝豆と同じように使えるのです。

コーンスープにしたり、チャーハンに加えたり、ピザやパンの具にもなるのです。

夏野菜のトウモロコシは甘味がつよいので、ちびっこにも人気です。

箱の下のほうには乾いた腐葉土状態となったものがたまっているので、すくい出して使用できるのです。

上の部分は、そのまま使用を続けるか、下の部分と併せて株元の乾燥防止用マルチング材としても使用できるのです。

家庭用は、色や形などの見た目や新鮮さを重視して購入することが多いようです。

数量も、1本毎のばら売り購入や袋詰めのものを購入しますが数量は何本入っているかは気になるところなのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。