野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜が入ったダンボール >> ダンボールの中の野菜を処理

ダンボールの中の野菜を処理

野菜が入ったダンボール 処理

ダンボール箱を置く乾燥した場所の確保、毎日のかき混ぜがポイントになってくるのです。

底抜けにも要注意となっています。

ちびっこは他の夏野菜がだめでもトウモロコシだけは積極的に食べるのです。

たまに歯の間にひっかかった筋をとるのに、大騒ぎすることもあるのです。

もみがら燻炭を入れたダンボール箱に、内容物が湿り過ぎない程度の量の生ゴミを加えてかき混ぜるのです。

内容物の湿り気が少なくなってきたら、次の生ゴミを加えるのです。

この間は、生ゴミを入れない日も1日1回のかき混ぜを行ったほうが良いのです。

生ゴミは入れるどんどん減量するので、もみがら燻炭の量に比べると、たくさんの生ゴミを入れることができるのです。

加熱調理して加工するものには、水分が少ない野菜が好まれるのです。

量に関しても家庭用のように個数ではなく、重量を重視するのです。

質より量です。

業務用はその中間で個数も重量も重視するのです。

ただコーンはすべて黄色いと思っている人もいるかもしれないのですが、黒い実をもつ種類もあるのです。

こちらはもっちりとした歯ごたえで黄色いものとはまた違った味わいを楽しむことができるのです。

時は進み、オイラはすっかりオトナになり、ゴミ減量化などが叫ばれる時代となっているのです。

家庭でコンポストは簡単に作ることができるのです。

ダンボールを使った生ゴミコンポストやミミズを使ったコンポストがあるのです。

ミミズのコンポストは維持費もかからず生ゴミの処理も早くできニオイも気になりませんが処理できる生ゴミと処理できない生ゴミがあるのです。

市町村では、生ゴミ処理機を購入すると助成金が得られるなどといったキャンペーンなども行われていた時代。

ついに時代がやってきたと思い、コンポスト作りに挑戦です。

ダンボールのコンポストもニオイはあまり気にならないということですので処理の速さを気にしなければ見た目的にもミミズのコンポストよりいいかもしれないと思います。

国内産大豆を守ろうと、国は大豆交付金として助成金をも出しているのです。

助成金は良品質大豆の生産拡大を目的として、事前に定められた銘柄共通の一定単価による助成となっているのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。