野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> 野菜をダンボールで運ぶということ

野菜をダンボールで運ぶということ

野菜を段ボールで運ぶ、ということは今では当たり前ですね。

でも、実際段ボールで野菜を運ぶようになったのは、ここ40年程度のことなのではないでしょうか。

野菜を段ボールで運ぶ、ということは考えてみると不思議なところもあります。

段ボールに野菜を詰めるということは、大きや太さがそろっていたり、詰めやすい形になっていたり、ということが必要になります。

そう考えると、規格外と言われてしまう野菜が出てくることも考えられます。

もちろん、そのような形の野菜はまた違った形で流通していくのでしょうが、段ボールに入れて野菜を運ぶ、ということは、段ボールで運びやすい野菜にする、という栽培の目的も一つ生まれてくることになるわけですね。

野菜を運ぶ段ボールは、野菜が傷んでしまわないように、とか、動かないように、などの工夫があるのではないかと思われます。

虫がつかないように、という工夫も必要かもしれませんね。

野菜を段ボールで運ぶためには、野菜の特性をよく知ることも大切になってきますね。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。