野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> ダンボールで運ぶメリット

ダンボールで運ぶメリット

ダンボールで野菜を運ぶということには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

やはり一番は、たくさんの野菜を手間かけることなく運ぶことができる、ということでしょう。

バラバラになっていたのではたくさん運ぶことはできません。

段ボールなら、詰めて積み重ねることによって多くの野菜を運ぶことができますね。

さらに、野菜を傷めることなく運ぶことができる、というメリットもあります。

野菜の輸送という点では、袋に入れて運ぶ、ということもできますが、これでは重みであたってしまうポイントが出てきて、そこから野菜が傷んでしまったり、ということが考えられます。

外からの衝撃にも弱いですね。その点段ボールなら、外からの衝撃もなく、ぶつかり合うこともあまりないので、野菜をベストな状態で運ぶことができるわけです。

いくつ入っているのか、どのくらい運んでいるのか、という数量を把握しやすい、という点もありますね。

見た目にも美しいですし、管理しやすいという点もあげられます。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。