野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> 野菜を運ぶダンボールの仕様

野菜を運ぶダンボールの仕様

野菜を運ぶダンボールの仕様は、市販されているサイズを使う場合もありますが、ほとんどの場合が商品のために独自に開発された仕様なのではないでしょうか。

ダンボールを製造している企業を調べてみると、野菜などのデリケートな商品のために、いろいろな工夫をした段ボールを開発しているという企業もあります。

厚みやヘリの形など、野菜をベストな状態で輸送するための段ボールというものがあり、それを使い分けることによって野菜の品質を高いところでキープすることができる、という点からも、ダンボールの品質は重要なポイントとなります。

そのため、現在観察してみると、野菜の種類ごとに仕様が異なったダンボールが流通しているのではないでしょうか。

仕切りを入れるなどの工夫もあり、野菜が輸送途中で傷んでしまうことがないようになっています。全面にフタがなく、通気性をよくしている仕様もありますね。

野菜を入れるダンボールの仕様は、その野菜の特性を知るところから開発が始まるのではないでしょうか。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。