野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> 野菜を運ぶダンボールのコスト

野菜を運ぶダンボールのコスト

野菜を運ぶためのダンボールには、特殊な仕様のものが多いので、それなりのコストがかかっています。

野菜の種類ごとに仕様を変えているところが多いということで、それなりに開発のコストがかかっている場合もあります。

ただ、全国的に取れているような野菜なら、ほとんどが共通の仕様で使えるという点もありますので、一から全てを開発する、というほどのコストは現在ではかからないことがほとんどです。

さらに、紙の質というコストもあります。

強度や色など、様々な紙を使用してダンボールが作られているので、なにを選ぶかによってコストが変わります。

根菜などは重みに耐えられるものの方がいいですし、葉物では軽くても大丈夫、などの特徴もありますね。

また、印刷コストもかかってきます。

個人でも団体でも、全面にカラーで印刷しているようなダンボールを使っているところもありますが、それにはそれなりに印刷コストがかかっています。

野菜を運ぶダンボールを使うときには、このようなコストを考えて選択していくことが必要になってきます。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。