野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> ダンボールに入れないほうがいい野菜

ダンボールに入れないほうがいい野菜

ダンボールで野菜を運ぶ、ということを調べていますが、ダンボールに入れないほうがいい野菜にはどのようなものがあるでしょうか。

それを考えるためには、野菜の状態や特性などを考えてみるといいでしょう。

まず、水気の多い野菜はダンボールに入れないほうがいいという場合もあります。

ただし、水分の多いものは束ごとに袋に入れたりして、さらにダンボールに入れる、という方法もありますので、一概に水気を必要としたり水気の多いものが入れられない、と断言することはできません。

あたったりすることで傷みが早くなる野菜はダンボールのほうが輸送には向いていると思われますが、その場合はただ箱を用意すればいいのではなく、仕切りを入れるなどして、できるだけ野菜を安定させて運ぶ、ということが大切になるでしょう。

湿度や乾燥などの管理が難しい野菜についても、市販品のようなダンボールでは適さない場合があります。

野菜を運ぶときには、やはりその野菜用に開発されたダンボールで輸送する、というのが一番いいのではないでしょうか。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。