野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> 農家とダンボールの関係

農家とダンボールの関係

農家はこのようにダンボールを利用して野菜を輸送しています。

安定した出荷のために、定型の箱に決められた数や量を入れて出荷する場合もありますし、直送のような形で、数種類の野菜を混ぜて輸送する、という場合もあります。

ただ、いずれにしても言えるのは、農家が野菜を出荷するためには、ダンボールは欠かすことのできないアイテムである、ということでしょう。

農家の人は、個人的に段ボールを発注することもあるかもしれませんが、たいていの場合には、組合などで共同利用していることが多いようです。

地域によって、作っている野菜が決まっている場合が多いので、コストという点でも組合単位で共用できるほうが便利、というわけですね。

もちろん、ダンボールを使う場合には、箱を買い取ることになりますので、それだけのコストは農家にかかる、ということにはなります。

経費として計上しなくてはなりません。ただし、独自で発注するよりもコストはずっと安くなるので、こうした組合単位で発注したダンボールを利用している農家が多いでしょう。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。