野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> 野菜用に開発されたダンボール

野菜用に開発されたダンボール

野菜用のダンボール、というと、側面にその野菜の名前が印刷してある箱を思い浮かべませんか。

野菜によってその様子はかなり違っており、厚みも大きさも形状も様々です。

改めて考えてみると、それは市販のダンボールではない、ということですね。

ダンボールを製作している企業を調べてみると、こうしたオーダーに適合したダンボールを独自に開発、改良、製作している、ということがわかります。

野菜を運ぶということは、野菜の鮮度や品質を保つ、ということが一番の目的となります。

さらに、輸送しやすい状態である、ということも大切です。

たくさん入るからと大きな箱ばかりにすれば、重くて持ち運べない、ということになる場合もあります。

また、小さな野菜だからとダンボールも小さくしてしまうと、輸送の時の積み下ろしが手間になる、という場合もあります。

ですから、一度の輸送にどの程度の量が適量なのか、どのような状態で運ぶことが求められているのか、ということを念頭に、研究、開発、改良が重ねられているのです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。