野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜をダンボールで運ぶ >> 野菜の鮮度を保つための工夫

野菜の鮮度を保つための工夫

野菜の鮮度を保つためには、箱そのものや、梱包の状態などで工夫をすることで野菜の鮮度を保つことができます。

野菜は、収穫すればその時点からどんどんと鮮度が落ちていくものなので、できるだけそれ以上劣化してしまわないようにしたいですね。

野菜の鮮度を保つためには、ダンボールそのものの工夫が必要になることもあります。

これは、穴をあけたり、通気をよくしたり、密閉出来るようにしたり、内側に色をつけるなどの工夫です。

特定の野菜用のダンボールなどは、こうした工夫が細部にわたって施されていることが多いのかよく見てみましょう。

また、野菜をダンボールに詰めるときに、ちょっとした工夫を必要とする場合もあります。

野菜同士がぶつからないように仕切りを入れたり、束ごとにビニールでくるんだり、というのも工夫の一つですね。

野菜の鮮度を保つためには、保存方法などの特性をよく理解して工夫することが大切です。

ダンボールへの詰め方そのものにも工夫が見られたりしていますし、研究とともに年々改良されているところもあります。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。