野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 野菜別・じゃがいも

野菜別・じゃがいも

野菜別で段ボールで輸送をする場合、じゃがいもではどのような点に注意することが必要でしょうか。

じゃがいもは、明るいところに置くと芽が出てしまいます。

また、直送品の場合、段ボールのまま購入し、そのまま保存する、という人も少なくありません。

さらに、1個1個の重量が重いので、段ボールを大きくすることは避けた方がいいでしょう。

1kgごとの段ボールもあり、重量で管理することがほとんどです。

また、芽が出てしまう、という特徴もありますので、しっかりと暗所になるような作りの段ボールを使うことが望ましいでしょう。

重量が重い野菜ですから、段ボールの紙質も厚めのものを利用するのが一般的です。

段ボールを使っていると、リサイクルさせたい、という思いもあると思いますが、じゃがいもは土がついたまま段ボールに詰められることが多いので、リサイクルする場合にはこの点に注意しなくてはなりません。

保管は常温での保管なので、購入したときの段ボールでそのまま保管することも多いです。湿度や温度などに注意するようにしましょう。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。