野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 野菜別・トマト

野菜別・トマト

トマトを段ボールに詰めて運ぶときには、どのような注意が必要なのでしょうか。

まず、トマトはとてもデリケートで傷みやすい野菜である、ということを注意する必要があります。

輸送のときに、ぶつかったりすることでさらに傷みが早くなってしまうこともありますので、輸送する際には、ぶつかりあわないように工夫した箱で運ぶことが大切です。

グレードの高いトマトでは、1つずつに仕切りを入れた段ボールで運ぶ、ということもありますね。

それだけ、劣化しないように注意することが必要だ、ということです。

また、トマトはサイズが一律ではありません。野球のボールで言えば、硬球、軟球、ソフトボール、というようにサイズが異なっています。

ですから、段ボールで運ぶ際にも、トマト用の場合はサイズによって3種類くらいの段ボールから箱を使い分ける必要があるでしょう。

重量で分けている、という農家さんもいます。

重ければだいたい大きさも大きいので、それで分類することもできるでしょう。

基本的には蓋をせず、通気がいい状態で運んでいます。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。