野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 自家ブランドの箱を使うメリット

自家ブランドの箱を使うメリット

消費者に直接農家から農作物が届くようになりました。

しかし、スーパーマーケットでの買い物と違い、届いた農作物がどのような状態かは、ダンボールを開封してみるまで分かりません。

農作物に限らず、通信販売全般に同じ事が言えるのですが、消費者がまず目にするのはダンボールの外観です。

同じダンボールでも、オリジナルの名入れがしてあるダンボールと何も印刷していないシンプルなダンボールでは受け手の印象は大きく変わります。

素敵なデザインの自社ブランドの箱で届くと、なんだかそれだけで美味しそうに思えるものです。

たかがダンボールと考える人もいるのでしょうが、同じ色・似たような形のダンボールだからこそ、差別化を計るにはオリジナルの名入れが重要になるのです。

名入れだけでなく、ダンボールの色やデザインも大切です。

梱包資材にも気を使いましょう。

何でも通信販売で手に入れる事が出来る時代だからこそ、消費者を甘く見ると痛い目に合ってしまいます。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。