野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 丈夫で使えるダンボール

丈夫で使えるダンボール

スーパーマーケットで野菜を買う時には特別に意識をしませんが、出荷される時や配送される時など、野菜は大量にまとまってダンボールに入れられますのでかなりの重量になります。

ジャガイモのひと袋は買い物の際にそれほど負担にはなりませんが、これが数十個集まるわけですから、出荷の際のダンボールは丈夫でなければいけません。

万が一ダンボールの強度が足りなくて底が抜けてしまったら、野菜はたちまち傷んでしまい商品として店頭に並べる事が出来ません。

そこで、野菜のような重量物の運搬には丈夫な構造のダンボールが用いられます。

紙という原料には変わりがありませんが、一般に使われているダンボールよりも、中芯や表面の紙が硬く加工されていて、時にはダンボールを重ねて強度を出しているダンボールを使うこともあります。

レタスなど、水分の出やすい葉物の野菜に関しては、更に表面に耐水加工が施してあるダンボールを使うこともあります。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。