野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> ダンボールが登場する以前

ダンボールが登場する以前

ダンボールが歴史に初めて登場したのは、1856年のイギリスといわれています。日本に初めてダンボールが登場したのは明治の頃です。

その当時は片面ダンボールが主流で、現在のように物流になくてはならないものになったのは、戦後の高度成長期といわれています。

ダンボールが登場する前には、どのようなもので野菜を運んでいたのでしょうか。

それは、木箱です。

今ではほとんど目にする事がなくなり、インテリアとして木箱を利用する人がほとんどで、何かを運搬するために使うという人はほとんどいません。

木箱自体に重量があるため、丈夫さはありますがコストが掛かり過ぎるためです。

木箱が主流だった頃には、木箱を専門に作る職人さんがいました。

今でも木箱を専門とした会社はありますが、その多くが贈答用に使われる木箱を生産しています。

桐の木箱は高級品の梱包用として用いられる事が多く、ダンボールよりも格の高い梱包資材として位置づけられています。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。