野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> バナナの箱はなぜ丈夫?

バナナの箱はなぜ丈夫?

バナナは日本ではほとんど生産されていません。

一部、沖縄や鹿児島で生産されているだけです。

バナナは熱帯性の気候に適した果物ですから、フィリピンや台湾、エクアドルといった地域から輸入され私たちの元に届きます。

日本が最も多くバナナを輸入しているのはフィリピンです。

フィリピンで青い頃に収穫されたバナナは、ダンボールに詰められて船で日本にやってきます。

その間に青かったバナナは熟成され、黄色く食べ頃になって店頭に並びます。

バナナは重量がありますし、長い船旅をすることから、バナナを入れるダンボールは丈夫なものがほとんどです。

ダブルフルートといって、ダンボールを重ねた強度の高いダンボールが使われています。

バナナのイラストがプリントされたダンボールはスーパーマーケットで手に入りますが、強度が高く湿気にも強いことから、運送用や収納に用いられる事が多いようです。

底も金具で留められていることがほとんどです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。