野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 針を使わないダンボール

針を使わないダンボール

ダンボールの底が大きな金具で留められていることがあります。

この金具を用いることで、スピーディにダンボールの底を合わせる事ができ、強度が高くなりますので、重たいものの配送にしばしば用いられています。

しかし、最近では環境や危険回避を考えて、金具を使わないダンボールが主流になってきています。

ダンボールの底の金具は、ダンボールの強度を保つためにしっかりと底のダンボールに食い込んでいます。

非常に外しにくく、金具を付けたままリサイクルの束に紛れ込ませている人もいるようですが、分別という観点からはきちんと外して分けなければいけません。

この作業が煩わしいという声があり、少しずつ金具のダンボールは姿を消しています。

底の強度は組み合わせて支えることでも増していきますので、金具から組み式へ姿を変えているのです。

専用の器具で金具を打ちこみますが、ダンボールの厚みによって止め方を変えることが出来ます。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。