野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 収穫からの野菜の旅

収穫からの野菜の旅

農家で収穫された新鮮な野菜は、工場で出荷を待ちます。

出荷までは洗浄や梱包と人の手で行われます。

市場を経由する場合、まず、協同組合に届けられます。

その後専用の冷蔵倉庫に保管され、そこから各都市に運ばれて市場に届けられ競りにかけられます。

競りが終わると卸業者からスーパーマーケットの倉庫に運ばれます。

そして、店頭に並ぶのを待つのです。

店頭に並んだ野菜が少なくなったら、スーパーマーケットのスタッフが野菜を棚に補充していきます。

インターネットなどの宅配の場合、注文が入ったら野菜を農家の倉庫から必要な分だけ取り出して梱包します。

ダンボールに詰められて宅配の業者に引き渡され、消費者のもとに届きます。

地方で良く目にする直売所では、農家が直接直売所に持ち込むことがほとんどのようです。

梱包も宅配や市場経由に比べて簡易なことが多く、様々な経路をたどらない分価格が抑えられていますので、直売所はいつも消費者で賑わっています。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。