野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 野菜売りとダンボール

野菜売りとダンボール

行商とは、物を売って歩く人の事を指します。

以前ならリアカーの野菜やくだものを沢山のせ一軒一軒売歩いたようです。

いまでは、スーパーに行けば、野菜や果物の他に肉や魚なども販売させています。

一軒一軒売り歩いた時代も終わって欲しいときに欲しいだけの量を購入するスタイルに代わりました。

行商をする為には、軽くて丈夫なダンボールは重要な箱です。

例えリアカーのような簡単に運ぶことが出来るものでも、重い木で出来た箱よりは、軽い方が動かすことを考えた時にはダンボールは便利です。

でも、野菜が入ったダンボールでは、長時間ダンボールに入れて保管することはできません。

なぜなら、ダンボールはとても水濡れに対して耐久性がないのです。

もともと、紙で出来ているものですので、水に濡れるのは弱いのです。

野菜にも水を多く含むものから乾燥しているものまであります。

例えば、白菜やキャベツのような葉ものなら水分を多く含んでいます。

逆に乾燥野菜のような、乾燥椎茸やじゃがいもなどのような野菜なら、水分が全くありません。

そのような野菜をダンボール入れて運ぶのなら、ダンボール自体壊れることがないでしょう。

しかし、水もの野菜を入れたダンボールは水に多く浸っていることでダンボールが壊れてしまいます。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。