野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 低温にならない保存場所作り

低温にならない保存場所作り

低温を嫌う野菜というのがあるという事を知っていただき、次にはその保存場所を作っていただきたいと思います。

野菜によっては低温を嫌う為に、野菜室に入れていたとしても痛み易い物というのが必ずあるはずです。

それらを守るためには、新聞紙とダンボールを使って、保存場所を作ってみましょう。

台所の一角を利用して、そこにダンボールを置き、その中に新聞紙などでくるんだ野菜を入れていくのも良いでしょう。

取り出しやすいようにダンボール箱の形は工夫して、自分なりにオリジナルの形を作ってみるのも面白いかもしれません。

見た目が薄茶色のダンボールとなると、いくら台所といってもそれらが見えるのは好ましく無いという人も居るでしょうから、時には何かの籠を利用して見えなくしたり、カラーダンボールを利用してオシャレにするのも良いと思います。

使い方などは人それぞれですが、ちゃんとした保管をしていきましょう。

しっかりと保存が出来るようになり、その上見た目も良い保存場所が作れれば、料理も楽になっていくのではないでしょうか。

生活をしていくにおいて、料理というのはどうしても必要な物になってくるはずです。

それらをしやすいように、そのための食材を痛まないようにするというのは、大事な事の一つです。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。