野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 暗闇を好む野菜

暗闇を好む野菜

野菜によっては保存をする際や運搬する際に暗闇を好むものもあると思います。

そういった野菜を運ぶためには、ダンボールを上手く利用すると良いでしょう。

分厚いダンボールは日の光を遮り、そして野菜を守ってくれるはずです。

もちろんそれらばかりに気を囚われずに、その場の湿気や温度などに関してもよく注意していく事が必要にはなると思います。

日の光が直接当たらないといえど、ダンボール自体に直射日光が当たってしまえば、中に熱が篭ってしまい野菜をダメにしてしまうという事もあると思いますので、ご注意下さい。

運ぶ際や保存の際にはそうして気にしていかなければなりませんし、環境を整えなければなりません。

間違った知識を覚えていて、保存の仕方などにミスが生まれないようにも注意しましょう。

まずは正しい知識を見につけ、しっかりとした保存をしていく事をお勧めします。

野菜などを運搬する際には、それらが痛まないようにしなければなりませんし、万が一痛んでしまえば予定の値段よりも大幅に下げて販売しなければならない事もあるはずです。

そうなると野菜を作っている側からすれば痛手になる事でしょうから、十分に注意して運んでいくことが必要になります。

日の光と野菜は相性の良いものにも思えますが、それらは育てる前提の上でだったりもしますし、土の中に埋まっている野菜によっては、それらが苦手な事もありますので、十分に注意するようにして頂きたいと思います。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。