野菜が入ったダンボールトップ >> 野菜とダンボールの関係 >> 木材とダンボールの違い

木材とダンボールの違い

野菜などを詰めるための箱というのは、比較的ダンボールなどが多いと思うのですがどうして木箱などよりも、ダンボールというものが多いのでしょうか。

その理由は様々なものがあると思いますが、コスト的な面などを覗いても木箱よりもダンボールを利用する事に利点があるという事も見られます。

その利点というのが、まず一番に緩衝性があるという事です。

木材の箱というのはまず最初にそれらの材質として硬さがあるものだと思います。

つまりどういう事かというと、箱そのものが硬いもので出来ているので、中に入れる野菜などがその箱にぶつかると傷がついてしまう恐れがあるのです。

それでなくとも野菜同士がぶつかって傷物になってしまう恐れを避けるために必要な事というのは色々とあると思うのですが、そういう事に関して以外でも箱に気遣わなければなりません。

ダンボールはその点、ある程度の緩衝性があるからか、比較的柔らかく野菜を守ってくれる事が出来ると思います。

勿論中で野菜同士がぶつかり合わないように工夫するという事は必要になるものですが、箱そのものに関してをあまり気にしなくて済むというだけでも結構な利点になるのではないでしょうか。

そう言う素材に関する注目というのも、結構重要なポイントになります。

野菜が入ったダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。